お受験服、どこで買う?写真、どこで撮る?

お受験服と、願書用の写真、受験をすると決めてから必ず悩むのもの一つです。今回はお子様とご両親のお受験服の購入場所やブランドについて、そして願書用に撮る写真について紹介させていただきます。

・お母様のお受験服
そもそも、どのような服装がいいのか見当もつかない方もいます。お受験服には幼稚園受験も、小学校受験もお受験専用の濃紺のアンサンブルが定番です。それ以外の服装は見たことがありません。この服を着て、黒の革製バッグと靴を身に着けて、学校説明会や、面接、試験に向かうことになります。

濃紺のアンサンブルは百貨店で取り扱っていたり、最近ではイトーヨーカドーでも見かけるようになりました。ただ、百貨店のブランドのアンサンブルは高価で10万円前後になります。イトーヨーカドーで扱っている全く同じ形で濃紺のアンサンブルは見た目百貨店のものと対して変わりはなく、3万円程度で買うことができます。

中にはオーダーメイトのアンサンブルを着用する裕福な方もいます。百貨店よりさらに高価ですが、自分のサイズに合う服を作っていただけますので、より完璧に見えます。

・お子様のお受験服
子供も基本的には濃紺です。ファミリアやミキハウスなどのブランドが定番ですが、子供にもオーダーメイド専用のアトリエがあります。アトリエで作っていただくと、他の子と同じデザインになることがなく、また子供のサイズに丁度いい服を作ってくれます。オーダーメイドは「よつば」や「サエグサ」、「フロランス」が有名です。女の子であれば、ジャンバースカートに白い丸襟シャツ、ボレロという格好になります。春になると受注会の受付が開始されますから、ホームページをチェックしておくといいですね。

百貨店でファミリアなどの定番の服装であれば、ジャンバースカート、ボレロ、シャツで4、5万円程度になりますが、オーダーメイドですと7、8万円はします。

これはもうお好みですから、拘れる方は拘ってみるといいと思います。しかし、服にお金をかけたからといって、合格に近くなるわけではございませんので、その点は理解しておくといいでしょう。

・願書用お写真
お受験をされる方の定番は新宿伊勢丹にある写真館です。いい写真が撮れると定評がありますが、時期を逃してしまうと予約がいっぱいになってしまいます。だからといって、他の写真館が劣るわけではありません。街中のコンビニやスーパーの脇にあるインスタント写真でなく、写真館でカメラマンに撮影していただいた写真であれば、何の問題もありません。近所の町中の写真館でも、都心であれば受験に詳しかったりしますから、願書用の写真について相談されてみるといいでしょう。

撮影当日は髪が乱れることもありますから、くしやスタイリング剤、鏡などを用意していくといいですね。写真ができたら、もし複数枚候補があって迷ってしまった場合、幼児教室の先生に選んでもらうのもいいですね。