噂に惑わされないで!ネット掲示板には注意!

お受験には実に様々な噂が飛び交います。お受験系幼稚園のお母様同士の噂もありますが、現在はインターネット上で事実とは異なる噂が多く飛び交っています。今回は、そんな噂に惑わされないために気を付けていただきたいことを紹介していきます。

インターネット上で情報が入手できるのは、幼児教室のコラムや、一般の人が投稿可能なお受験系掲示板、個人ブログなどがあります。幼児教室のコラムでは正しい情報を発信してくれますが、一般の方が匿名で投稿できる掲示板は特に疑った方がいいでしょう。もちろん、お受験に関して事実を仰っている投稿者もおりますが、中には事実とは異なる嘘の噂を信じて投稿する人や、幼児教室の関係者が一般になりすまして大手教室の批判をしたり、自分のところの教室が評判がいいなどと投稿する者もいます。こうしたなりすましのような行為を「ネガキャン(ネガティブキャンペーン)」などと呼ばれています。

主に掲示板では、どのような情報が投稿されているのでしょう。「○○の幼児教室はココがいい」、「○○の幼児教室の評判はどうですか?」など、合格のためには、まず幼児教室探しですから、幼児教室に関する情報を知りたい人がいるわけです。もちろん、実際にその幼児教室に通われていた方が投稿してくれるケースも多くありますが、中には結果的に合格いただけなくて、その不満をぶちまける人もいたり、ネガティブキャンペーンをする者もいます。

次は小学校の評判や、合格するための手段について、「○○学園は縁故がないと無理」、「いじめがある」、「サラリーマン家庭は不利」、「保育園児は不利」など、数えあげたらキリがありません。もちろん、在園時の保護者と思われる方の投稿で、「自分の学校はこんなところが素晴らしい」とか「サラリーマン家庭で両親共働きで、子供も保育園児だったけど、ご縁がいただけた」など、偽りの可能性の低そうな投稿も多いのです。しかし、お受験系掲示板は、合格者だけでなく、不合格者も受験を終えたにもかかわらず大勢利用していると考えられます。不合格への大きな不満を引きずり、掲示板に嘘情報を流している者もいるのです。

何故そのような事実と異なる噂が出てくるのでしょう?そしてなぜ、そのような噂を簡単に信じてしまう人が少なくないのでしょう。それは、小学校受験は不透明な部分が非常に多いからなのです。小学校受験をするための勉強の範囲は、その後の中学受験以上の試験と異なり、学校によって範囲が変わりますし、幼児向けの教科書も存在しません。そしてその範囲は学校は一切公開しませんし、試験の内容も公開されることはありません。ですから、噂だけが独り歩きしがちなのです。

このようなことに巻き込まれないためにも、実際に学校を訪問したり、幼児教室から正しい情報を入手することです。幼児教室側をこのような怪しい情報について警鐘を鳴らしています。掲示板を見ること自体が悪いことではないのですが、ほどほどにしておきましょうね。