受験をする方は必ず学校を訪問しておきましょう!

東京には53校の私立小学校があります。今回は学校訪問について紹介いたします。男女共学、女子校、男子校、付属幼稚園から大学まで続く学校や、小学校から高校までの学校、それに宗教の無い学校、宗教のある学校ですとキリスト教系、仏教系などがあり、各学校によって強い特色があります。ですから、ご自分の大切なお子様を通わせる園や小学校に入った場合、お子様やそのご家族とは長いお付き合いになる可能性があるので、必ず訪問しておきましょう。

学校側も年に数回、学校説明会や、学校見学会、運動会、展覧会など一般の方も入場できるイベントを開催しています。ですからその機会を逃さずに、時間に余裕があるうちにたくさん訪問しましょう。

学校説明会ではこんなお話が聞ける
学校説明会では保護者向けに、受験に関するお話や、学校の教育方針などが聞けます。校長先生のお話を聞いて、学校方針について理解を深めておきましょう。

学校見学会ではこんなことができる
学校見学会では、学校によっては、ただ校舎1周するだけの場合もありますが、中にはお子様も一緒に来ていただいて、子供向けの体験コーナーを企画してくれる学校もあります。その時対応してくれるのが在校生だったりすると、より学校の雰囲気を感じることができます。

授業見学会ではこんなことを知ることができる
授業見学会を開催している学校もあります。普段の生徒達の様子を見ることができますから、志望校でこのようなイベントがあった際には必ず参加しておくといいでしょう。

作品展では在校生の工作、絵画などの作品が観られる
作品展を開催している学校は少ないかもしれませんが、こちらも授業で制作した作品を見ることができますから、参加しておくといいでしょう。

運動会では普段の在校生の姿が見ることができる
運動会で一般の方の入場を認めている学校は少ないですが、もし志望校が受け付けていた場合には、なるべく参加しておきましょう。一生懸命に頑張る在校生の姿が見ることができます。お子様にとっても印象深く記憶に残るはずです。

できれば、1度だけの訪問ではなく、何度も足を運ぶといいと思います。それはただ学校側の教育方針を理解するためでなく、願書に学校訪問の感想を書いたり、面接で学校に来たことがあるか確認された際に答えることができるようにしておくためでもあります。面接ではお子様にも、学校に来たことがあるか質問される場合もあります。

また各イベントの際には、同時に願書も販売されていますから、必ず入手しておきましょう。後であわてずに済みます。

学校によっては年に1度学校説明会しか行わない学校もありますが、他にも年に数回、学校以外の場で学校側のお話を聞くチャンスがあります。夏に有楽町の国際フォーラムにて開催される「私立校フェア」というものがあります。そこにほとんどの私立小学校も出展しており、進学相談にも応じてくれますから、直接先生からお話を聞くといいですね。

是非先生お話を聞くチャンスを逃さずにできるだけ早い時期から足を運びましょう。早い方ですと子供が生まれた年から毎年訪問される方もいるくらいです。是非お母様だけでなく、ご両親揃って出席してみてください。