教室に通い始めるのに最適な時期について

お受験を意識し始めてまず気になるのが、幼児教室に通い始める時期についてです。今回は最適な時期について紹介させていただきます。一言に最適な時期と言っても、本当は各家庭によって異なるものなのです。ご自身のお子様、またはご自身に合うタイミングが見つかりますよう、お力になれたらと思います。

お受験する多くの場合は1年~2年と言われています。幼稚園受験も小学校受験も試験は11月ですから、幼児教室では、その1年前の11月からが新年度と設定してます。もし小学校受験の場合は、本番1年前の年中の11月からが新年長となり、さらに1年前の11月では新年中となります。小学校受験のお教室ですと、ほとんどが新年中から入室を受け付けています。

幼児教室への入室のお勧めの時期としては、もしお子様が早生まれではなく、4月生まれから9月生まれと早い時期の月齢でしたら、新年長11月からでも十分に間に合うでしょう。4月までに基礎を終えて、夏には応用を熟し、本番になるころには仕上がるようになっています。それなりに生活習慣も身についていて、躾も問題なく、発達にも問題ないとなれば1年で十分と言えます。

しかし1月~3月生まれなど早生まれのお子様の場合は、仕上げるのに時間がかかりますから、2年くらい幼児教室に通われた方がいいと言われています。4月生まれのお子様と3月生まれのお子様とでは1年近く違いますし、幼児の1年近い月齢差はかなり大きいのです。まだ成長段階の途中ですから、精神年齢も幼いですし、勉強の理解度も差がありますし、運動能力の差も大きいです。ですから早生まれの場合は早めに取組を開始するといいでしょう。

ところで、最低でも1年は通わないと、やはり合格は難しいものなのでしょうか。合格者の中には実際には「半年で合格できた!」、「春から初めて取り組みを開始して間に合った!」という話もあります。これは非常に稀なケースと言えます。しかし、まぐれや奇跡はそうそう起こるものではありません。元々精神年齢が高く、月齢も高く、理解力があり、本を多読しているお子様など、半年でも追い付くくらいの条件が全て揃っているケースと言えるでしょう。ですから、半年で間に合ったという話を聞いて、「それならウチも間に合うかも…」などとは思わないように気を付けてください。

半年というと5月くらいですから、通常は基礎を終えている段階なのです。もう多くの子供達は模試も受け始めて応用に取り組んでいる時期なのです。

やはり合格者の多くは早めに取組を開始して、合格に向けて毎日死にもの狂いで努力しているのです。よほど条件が揃っていていない限りは短期間で身に付くということはありえないでしょう。

最低でも「1年前から」と考えて、計画してみましょう。幼児教室でも、体験しやすいように無料のテストや面談など新年長11月前までは、何度かイベントを開催しています。是非そうしたイベントを活用して、お子様の様子やお教室の雰囲気を感じ取って、入室させるタイミングを見つけてみてください。