夏休みで大きく変わる!自宅での取り組みは計画的に!

新年長11月から年長11月の本番にかけては夏休みの過ごし方がカギを握ると言われています。しかし単に勉強漬けにしろということではありません。今回は夏休みの過ごし方について紹介いたします。1カ月以上もある夏休みをいかに効果的に使うかは、そのご家庭次第ですね。

保育園児と幼稚園児の過ごし方では全く異なりますので、両方お話させていただきます。幼稚園児の家庭の場合、親子ともに時間がたっぷりあり、学習時間もたくさん確保できます。夏休み中に必要な取り組み時間は3時間と言われていますが、午前中に3時間やりきることも可能なのです。しかし、午後も一切遊ばずにみっちり勉強に走りがちなのが幼稚園児の家庭とも言えます。丁度いいバランスで熟すことが可能なはずなのに、不安から夏休みは丸一日学習、学習となり、子供を追い込みやすくなりがちです。できれば、午前中に学習を終わらせて、午後は外遊びや、お母様とのお菓子作りなど、コミュニケーションを取ってください。また、思いで作りとしてプールに行ったり、動物園に連れて行ったりする余裕があるのも幼稚園児です。

保育園児の場合、お母様の仕事が忙しくて、3時間の取り組み時間を確保することがなかなかできません。けれども時間を上手く活用しているのです。まず朝早く起きて家を出る前の1時間半は勉強、帰宅後夜に1時間半勉強するのです。それでも模試の結果が思わしくないということならば、幼児教室への移動時間にカードを使った問題をしたり、巧緻性対策として紐通しをしたり隙間時間も上手く活用しましょう。ワーキングマザーはこのようにして時間を無駄にしません。これでもかなり時間が限られてしまいますが、それでも休日は海に出かけたり、動物園などに出かけて思い出を作っておくのは忘れてはいけません。

またこの時期のペーパー学習は基礎から応用に移り、過去問にも取り組む時期ですから、難しい問題中心に勉強することになります。ですから1問1問時間をかけて取り組めるのも、夏休みの間だけなのです。この時期を逃してしまうと、あっという間に秋に入り、親は願書や面接対策に追われて時間が足りなくなりますし、お子様もこの時期からの難問対策では自信を失うだけです。必ず難問は夏に済ませておきましょう。

特に難しいとされる学校は、雙葉学園小学校、暁星小学校、国立筑波小学校、立教女学院小学校、聖心女子学院初等科、光塩女子学院初等科などです。複数校受験する方は、その数だけ進める必要がありますし、また過去問とは別に難問集にも取り組まないといけませんから、余裕をもって時間を確保して進めましょう。

ただ注意するのは、あまりにも学習が厳しすぎて夏休みを過ぎたころにチックなどの症状が出てくるお子様もいるようです。学習も大切ですが、日常生活を変えてまで過度な負担をかける必要はなく、バランスよく過ごしましょう。高額ではありますが、幼児教室もこの時期夏期講習があり、豊富にコースを用意していますので、お母様のストレスによりお子様を追い詰めてしまうくらいなら幼児教室に任せてしまいましょう。少しはお母様の精神面も楽になるはずです。